Mengarang Cerita: Sakubun o Kakimashita

Ohayougozaimasu

Minna no Nihongo

Aku mendapat tugas mengarang cerita atau essai dalam bahasa jepang atau disebut 作文 (さくぶん). Kali ini aku menulis tentang pengalamanku beberapa waktu lalu mengunjungi Perpustakaan Nasional Indonesia, Jakarta. Kalau dalam bahasa Indonesia aku lumayan lancar jika membuat tulisan atau karangan, tetapi yang merepotkan jika harus dalam bahasa Jepang yang aku sendiri baru belajar. Alhasil jadi lebih banyak materi pelajaran N5 yang lalu, banyak menggunakan jishou/kamus online maupun buku dan juga lihat contoh sakubun di internet. Walaupun merepotkan, tetapi aku suka, karena menyenangkan, jadi menambah kotobaristo dan review pelajaran. Ini contoh sakubun yang saya buat.

こくりつ としょかん


みなさん こんにちわ

はじめまして。私 は ベニ です。ジャカルタ に すんで います。

どうぞ よろしくおねがいします。こんかい。私 の スピち(supichi) は こくりつ としょかん です。



私 は としかん が すき へ いきます。 私 の まち としょかん は おおき と きれい あります。

この は こくりつ 
としょかん です。こくりつ としょかん
は としん あります。


こくりつ はくぶつかん  (また は Monas) の まえ に あります。
インドネシア の なか で いちばん おおき です。

せいかい で いちばん たかい です。

ビル の たかい は  ひゃく じゅう に ろく てん 

さん めえてる (126,3meter) です。 そして、じゅう に

よん (24) かい あります。




こくりつ としょかん に たのしい あります。ほん は とても たくさん です。みなさん は きて もいい です よ。

ここ は ひと が おおい います。ここは がくせい と、だいがくせい と、こども と、おとしより と、しょうが いしゃ です。



こくりつ としょかん は たくさん へや です。ここ に としょしつ と、かいが しつ と、けんきゅう しつ と、ぱしょこん しつ と、といれ と、しょくどう が あります。


いま、こくりつ としょかん はち(8) じ から、よん(4) じ まで です。ころな (korona) まえ に、まい にち です。



ビル は たかい と きれい です。それから ビル の うえ に ちいさな こうえん が あります。けしき は きれいな です。

ここ に たかい ビル と、こくりつ はくぶつかん と 

うみ が みえます。


きれい です ね。 みな さん ぜひ  きて ください。

      

the end


Aku masih menulis dengan hiragana, aku masih belum banyak hafal kanji. Next time aku akan menulis dengan menyertakan lebih banyak kanji dari ini. Ganbarimashou…

Tinggalkan Balasan

Alamat email Anda tidak akan dipublikasikan. Ruas yang wajib ditandai *